意外と知らないビットコインとビットクラブ

最近よく耳にするようになったビットコインは、円はドルなどとは違って、手にとって見ることができない仮想通貨のことで、経済活動を円滑に進めるために作られた通貨です。
国による縛りがないため、世界中で同じように使用することができ、パソコンやスマートフォンを財布代わりとして使用することができます。

一見すると電子マネーのように思いますが、電子マネーは使用する地域で使われている通貨を使用して電子的に決済を行っているのに対し、ビットコインは、手持ちの円やドルを両替してはじめて支払いを実行することができます。
メリットとしては、銀行や政府を通していないため、個人間が直接送金することができ、手数料を抑えることができます。

銀行やクレジットカードでの支払いの場合には、必ず一定の手数料がかかってしまいますが、直接送金するため、従来の手数料の概念を覆した決済を実現することができるというのが一番のメリットといえます。
また、世界中同じ通貨が利用できるため、いつでもどこでも世界中で決済が可能となっています。

中央での管理を行っていませんが、通貨を管理するために、コンピューターのネットワークを利用しています。
取引のすべてが管理されているため、通貨の偽装や二重の支払いを防止することができています。

【ビットコインの採掘について】

ビットコインでの取引は、すべて一定期間ごとに取引台帳へと追記されています。この追記の処理は整合性をとりながら正確に記憶することが求められています。
ただ、膨大な計算量が必要となってしまうため、有志のコンピューターリソースを利用して、膨大な計算を行っています。

追記の作業を行うことを採掘といい、報酬としてビットコインが支払われます。
現在では、この採掘をビジネスとしている人も多く、安全性が保たれています。
採掘によって発行される量は調整されていますから、一気に発行量が増えてしまい、混乱が生じることを避けた設計がされていますから安心です。

購入する方法としては、お金を支払ってトレードする方法や、採掘、収入として手に入れる方法があります。
仮想通貨ですから、ソフトウェアをダウンロードすることで、誰でも始めることが可能ですが、取引所で円やドルと交換するのが一般的な入手方法といえます。

コインを管理するためにはウォレットが必要で、日本語対応のウォレットを利用すると、IDが発行され、管理や運用が可能となります。
現在のグローバルネットワーク社会において、可能性を感じさせてくれる仮想通貨といえるのではないでしょうか。

ビットコインの投資に興味があるときは、個人で工夫するよりも、ビットクラブのようなビットコインを主に取り扱う組織に加入するのが簡単です。ビットクラブでは共有されたマイングプールから毎日収益を得ることができますし、知人に紹介することでも利益が得られます。

ビットクラブネットワーク

【ビットコインの投資以外の使い道】

ビットコインの投資以外の使い道

ビットコインといえば、もっぱら投資や資産運用として使われているイメージがありますが、その他の使い道もあります。

それは何かというと、円やドルと同じように通貨としての使うことです。
ビットコインは仮想”通貨”ですから、ある意味では、本来の使いみちであるともいえます。

しかし、一体どこでビットコインを使うことができるのか疑問に思う方もいるでしょう。
QUICPayなどの電子マネーであれば取扱店舗を見る機会も多いですが、ビットコイン取扱い店舗というのはなかなか見る機会がありませんよね。

日本においてビットコイン決済はまだ新しい方法ですので、たしかに取扱店舗は少ないようです。しかし、家電量販店「ビックカメラ」でビットコイン決済が始まっており、これからどんどんビットコイン決済のできるお店が増えていくことが予想されます。

【ビットコインはどこの取引所で買えばいい?】

ビットコインはどこの取引所で買えばいい?

ビットコインの購入方法としてもっとも一般的なのは「取引所での購入」です。
ですので、ビットコインをとりあえず買ってみたいと思ったら、まずは仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。

しかし、仮想通貨取引所と検索してみると実に多くの取引所が出てくるので、特に初心者の方はどこの取引所がよいのか分かり辛いかと思います。
取引所を比較検討する際のポイントとしては「手数料」「取扱仮想通貨」「サポートの充実性」「セキュリティ」が挙げられます。

各取引所をわかりやすく比較しているサイトなどもありますので、そういったサイトをチェックしてみてもよいでしょう。

【ビットコイン以外の仮想通貨って?】

ビットコインは2008年に誕生した、世界初の仮想通貨です。
しかし現在においてはビットコイン以外の仮想通貨も多く存在しています。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と呼びます。
誤解されがちですが、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称であり、特定の仮想通貨の名称ではありません。

アルトコインの代表としては、「イーサリアム」「リップル」「ネム」が有名です。
アルトコインの中には「モナコイン」という日本発の仮想通貨もあります。
アルトコインは今もなお誕生を続けていますが、世の中にあまり流通しないままに姿を消すということも少なくありません。

Next Entries ビットコインやコインペイのメリットって?